AndroidよりiPhoneを持つ人が多いのはなぜ?

iPhoneのアプリ

iPhoneとAndroidスマートフォンを使っている人はどちらも、日常生活の中でさまざまなアプリを利用しているのではないでしょうか。Androidに比べてiPhoneが支持を集める理由のひとつとして、このアプリに関する点をあげることができます。iPhoneで利用するアプリは普通、App Storeから手に入れる形になります。これに対してAndroidの場合には、基本的にGoogle Playで入手します。

App Storeに開発されたアプリが登録されるためには、Appleによる審査を通過しなければいけません。その審査基準は厳しく、ほぼ審査なしで登録されるGoogle Playと比較して、絶対の安全が保証されているわけではないものの、安心して利用できるという方の声が多く聞かれます。とくに子供にスマートフォンを持たせている家庭では安心して使えると評価されています。というのも、App Storeは暴力やアダルト関連に対して非常にシビアであり、子供の教育上、悪影響をおよぼすのではないかと取れるようなアプリを目にすることはまずありません。

また、iPhoneでは使えてAndroidスマートフォンでは使うことのできないアプリがあるということで、iPhoneのほうを支持する方も多いです。現在、Androidスマートフォンを使用中の方は、App Storeで提供されているアプリの中に使ってみたいものがないかチェックし、乗りかえを検討するのも良いのではないでしょうか。当サイトではほかにiPhoneを持つ人が多い理由について取り上げていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。