AndroidよりiPhoneを持つ人が多いのはなぜ?

周辺機器の充実

iPhoneはAndroidスマートフォンのように、頻繁にモデルチェンジがおこなわれていません。そのため、周辺機器が充実しているということをAndroidスマートフォンではなくiPhoneを持つ理由のひとつに含めている方も多いです。

わかりやすいものでいうと、ケースをあげることができます。iPhoneのケースのバリエーションは、Androidに比べてかなり豊富になっています。ケースには本体を守る目的もありますが、かわいい、スタイリッシュなどさまざまな種類の中から選ぶ楽しみがあるのは良いでしょう。

ケースのほかにも、ワイヤレス充電器やワイヤレスイヤホン、ワイヤレススピーカー、ワイヤレスキーボードと、ワイヤレス系の周辺機器も充実しているのが特徴です。iPhoneをより便利に、快適に使えるようになるということで支持を集めています。

頻繁にモデルチェンジがおこなわれると、新しいモノ好きの方はすぐに移行するという方も多いでしょうが、そうなると周辺機器も新しいものに買いかえなければいけなくなるものも出てくるでしょう。モデルチェンジの頻度が低いということで、新しく周辺機器を買いそろえるための費用負担が軽く済むということも、魅力のひとつといえるのではないでしょうか。