AndroidよりiPhoneを持つ人が多いのはなぜ?

高く売れる

購入するときだけでなく、手放すときのことまで考えると、Androidスマートフォンに比べてiPhoneに魅力を感じ、使っているという方も少なくありません。手放すときというのは、廃棄することを意味しているのではなく、買取や下取りに出すことを意味しています。何かモノを売ることになった場合、誰もが1円でも高く引き取ってほしいと思うことでしょう。

この点について、iPhoneはAndroidスマートフォンと比較して優秀であるといえるでしょう。Androidスマートフォンに比べて、iPhoneの買取価格や下取り価格は倍以上の差が生じることもめずらしくありません。ある程度古いモデルであってもiPhoneは需要があるために、万単位の買取価格や下取り価格が実現することが多いのです。なお、画面割れが生じている場合には買取価格や下取り価格は生じていない場合より安くなります。

買取価格が高ければ、そのお金で何か別に欲しい商品や利用したいサービスの支払いに充てることもできますし、新しくスマートフォンを購入するための支払いに充てることもできるでしょう。下取りについても、高額であるほど次のスマートフォンの購入費用を抑えることにつながります。